FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
デートの誘い方にはコツがある
意中の相手との初デートは、どう誘ったらいいのでしょうか。

初デートは、いわば飛行機の離陸のようなもの。
恋愛における最初の難関です。
逆にいうと上手く離陸さえできれば、あとは比較的簡単。
自然に仲が深まっていくでしょう。

もちろん、離陸したあと、乱気流に巻き込まれたり、パイロットがドジったりして墜落してしまう可能性もありますが、とにかく離陸しないことには何もはじまりません。
上手なデートの誘い方を考えてみましょう。

心理学では、頼み事の承諾率を高めるテクニックがいくつか明らかになっています。
たとえば「フット・イン・ザ・ドア・テクニック」。
これは、最初に小さなお願いを聞いてもらったあとに、本命である頼み事をする、という方法です。

たとえばノートを借りて(小さなお願い)、返すときにデートに誘う(本命である頼み事)、というのがこのテクニックに当てはまります。
軽いお願いを一度了承すると、次の頼みを断りにくくなる心理が生まれるのですね。

逆に、本命である頼み事よりも先に、まず大きなお願いをしておくのも有効です。
たとえば自宅に誘って(大きなお願い)、断られたあとに「じゃあ映画を観にいこう(本命である頼み事)」と誘うわけです。
これは「ドア・イン・ザ・フェイス・テクニック」と呼ばれます。

最初の誘いを断った罪悪感を消したいという思いが生じたり、1度目と2度目の誘いを比較して「家に比べたら映画館くらいはたいしたことないか」という心理が働いたりして、OKしてくれやすくなります。

これら2つのテクニックは、恋愛のいろいろな場面で応用できますから、ぜひ覚えておいてください。

ちなみに「フット・イン・ザ・ドア・テクニック」は、1度目と2度目の頼み事の間隔が1週間程度空いても有効だということがわかっています。
それに対して「ドア・イン・ザ・フェイス・テクニック」は、頼み事の間隔を空けない方が効果的です。


[2010/02/20 13:23 ] | 片思いのアプローチ | コメント(0) | トラックバック(0)
<<好きな人と一緒ならピンチもチャンス! | ホーム | ストレスと上手に付き合おう>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。