FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
会話の4つのルール
恋人と仲良く付き合っていくために重要な事柄はいろいろありますが、その中のひとつが「会話」です。
何でもないような一言で相手の愛情を感じられることもあれば、たわいないおしゃべりが大ゲンカに発展することもあります。

会話はお互いの気持ちを伝え合うものですから、言葉だけでなく、その場の空気も大切にしなくてはなりません。

会話にはいくつかの暗黙のルールがあり、人は基本的にそれらを守っています。
でも、ときにはルールを破ることで気持ちを伝えようとする場合もあり、そのメッセージをしっかり察知できるかが、KYと非KYの境界線になるのかもしれません。

今日は、言語学者ポール・グライスが提唱した会話の基本ルールを紹介したいと思います。

グライスは、会話の基本ルールとして次の4つを挙げました。
これらは「会話の公理」と呼ばれています。

1.量の公理…相手が求めていることはすべて言う。不必要なことは言わない。
2.質の公理…心にもないことや根拠のないことを言わない。
3.関係の公理…関係のないことを言わない。
4.様式の公理…相手にわかりやすいように整理して簡潔に言う。

みなさんもおそらく、ふだん恋人や友だちと話しているときは会話の公理を守っているはず。
逆にいうと、この基本ルールが破られるときは、言葉の裏に隠された真理があるということ。

たとえば恋人に「昨日、なんで電話に出なかったの?」と聞いたとき、「それよりさ、今日めちゃくちゃ暑くない?」という答えが返ってきたとしましょう。
これは関係の公理に反していますよね。
恋人の言葉からは「昨日のことは話したくない」という裏のメッセージが読み取れます。

このように、会話のルールを押さえておけば、相手の言いたくないことを察することができますし、ウソも見抜きやすくなります。
実際には、ここまで単純ではありませんが、4つの公理に反する微妙な空気を感じたときに、うまく会話を軌道修正できれば、コミュニケーションはより円滑になるでしょう。


[2010/09/04 10:54 ] | 人間関係 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<あなたの恋愛タイプは? | ホーム | 落ち込んでいるときは恋に落ちやすい?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。