FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
第一印象は信用できない?
みなさんは自分の「人を見る目」に自信がありますか?

よい恋愛をする上で、パートナー選びはとても大切なことです。
自分に合わない人、偏った価値観を持った人を選んでしまうと、努力してもハッピーエンドにたどり着く可能性は低くなってしまうでしょう。
人生のかけがえのない時間をともに過ごす相手ですから、自分と相性のよい人を選びたいものですね。

恋のパートナー選びには、いわゆる「人を見る目」が必要です。
付き合いの浅いうちは特に「人を見る目」が重要になってくるでしょうが、早い段階で相手の評価を決定してしまうのは、あまりおすすめできません。
というのも、他人に対して抱く印象は、本来の姿と違う場合が非常に多いからです。

たとえば、無口な男性と会ったとき、「謙虚で真面目そうな人」と好意的に受け取る人もいれば、「愛想が悪くてつまらない人」とネガティブな印象を持つ人もいます。

初対面の印象は、自分の知識や経験によっても大きく変わってくるんです。
つまり、未知の人に会ったとき、自分が持っている知識を参照して、相手の性格を推測しているわけですね。

「おしゃべりな人は傷付きやすい」とか「異性の兄弟がいる人は浮気しやすい」とか、性格に関する自分なりの経験則を持っている人は多いでしょう。
そんな先入観は持っていないという反論もあるかもしれません。
でも自覚していなくても、頭の中にはいろいろなデータがインプットされていて、初対面の相手に対して「こういう性格に違いない」とある程度決め付けてしまう傾向にあります。

これは人間が持っている習性のようなもの。
「この人はどんな性格かわからない」と判断を保留するより「こういう性格だろう」と大まかに決めておいた方が便利なんです。
確実に「この人はこんな性格だ!」といえるくらいの情報が集まるまで待っていたら、何年かかるかわかりません。
その間ずっと、「どんな性格かわからない人」として接するのはシンドイですよね。
それよりも、最初に「たぶんこんな人だろう」と推測しておいて、付き合っていくうちにその評価を修正していく方が合理的でしょう。

注意しなければいけないのは、他人の性格に対する推測が間違っている場合も十分あるということ。
付き合いが浅いうちに感じた印象を重要視しすぎると、相手の長所を見落としたり、逆に買いかぶったりしてしまうことにつながります。
「人は偏見を持ってモノを見るものだ」ということを頭に入れておくことが、恋人選びの第一歩かもしれませんね。


[2010/06/18 13:17 ] | 人間関係 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<相手を思いやりつつ自分の気持ちを素直に伝える | ホーム | 相手との心の距離を知る方法>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。