FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
イライラしたときこそ笑おう
恋愛にケンカはつきもの。
相手のことをどんなに好きでも、ときにはイライラしてしまうことがありますよね。
ちょっとしたことが激しい口喧嘩に発展してしまう…というのはカップルなら日常茶飯事でしょう。
ケンカのあとに「たいしたことじゃないのに、なんであんなに怒っちゃったんだろう…」と後悔しても、無邪気に笑い合えたあの頃のふたりにはなかなか戻れません。

今日は、恋人にイラッとしたときに、うまく受け流す方法を紹介しようと思います。

恋人が無神経な一言を放ったとき、舌打ちしたり、大声を出したりすると、余計に勢いがついてイライラが増してしまいます。
そういうときはあえて微笑んでみたり、深呼吸をしたりすると、イライラは膨らみませんし、逆に心が落ち着いてくるはずです。

人の心は、身体と密接につながっています。
心が乱れると、涙が出たり汗をかいたりと体に変化があらわれますよね。
それと同じで、何も感じていなくても、笑ったり泣いたりすると、心が変化するんです。

たとえば、ショックなことがあったとき、最初はシクシク泣いていたのに、徐々に勢いがついて最終的には号泣してしまった…なんて経験はありませんか?
それは「泣く」という生理現象が、「悲しい」という感情を強めるから。

人の心は「悲しいから笑う」だけでなく、「泣くから悲しい」という側面もあるんですね。
ちなみに「感情のあとに生理現象が生じるのではなく、生理現象のあとに感情が続くのだ」という考え方は、ジェームズ=ランゲ説と呼ばれています。

恋愛だけでなく、何事も「形から入る」というのは、意外と効果的です。
楽しいフリをすれば、自然と楽しくなるんですね。
胸を張って歩くとか、笑顔を増やすとか、ちょっとした心がけで人生が少し明るくなりますからぜひ試してくださいね。


スポンサーサイト
[2010/12/23 17:56 ] | 自分の心理学 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。