FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
ケンカするのは相手のせい?
恋愛にケンカはつきもの。
他人が聞いたらあきれてしまうような、本当にささいなことから激しい言い争いに発展することも少なくありませんよね。
お互いの意見がかみ合わず、「なんでわかってくれないの?」とイライラした経験はだれにでもあるはず。

恋人と意見がかみ合わない原因はいろいろあると思いますが、そのひとつは、視点の違いではないでしょうか。
同じものを見ていても、相手と自分、立場によって見え方は変わってきます。
相手の立場になってものを考えるというのは口で言うほど簡単ではありません。

同じ出来事でも、自分の身に起こった場合と、他人の身に起こった場合では、とらえ方が変わってきます。
このことは、心理学の研究でも実証済み。

たとえば、あなたがだれかを好きになったとして、その理由を考えてみてください。
その理由は、「優しい人だから」というように、相手の性格からきているものではないでしょうか。

同じように、あなたの親友がだれかを好きになったとして、その理由を考えてみてください。
この場合は、「彼(彼女)はああいう面白い人がタイプだから」というように、友だちの内面を重視した理由が出てくるのではないでしょうか。

人は、自分が「なぜその行動をとったか」ということを考えるとき、自分自身の内面ではなく、外部の状況に理由を求める傾向があります。
他人の行動について考えるときは、その人の性格や感情に注目できるのに、自分の内面についてはあまり考えないんですね。

行動の原因を自分以外のところに求める傾向が強いと、「自分は悪くないのに…」という考え方になりがち。
たとえばデートに遅れたり、相手の誕生日を忘れたりしたとき、「忙しかったからしかたがない」などと自分の非を認めなければ、相手は当然怒ってしまうでしょう。

自分の非に気がつかないと、恋人とケンカすることも多くなりそうです。
「灯台下暗し」ではありませんが、自分自身の内面は意外と見落としがちなので、気をつけてくださいね。
ケンカになりそうなときは、まず自分に原因がないか考えるようにすると、無用なトラブルを防げるかもしれません。


スポンサーサイト
[2010/10/23 01:28 ] | 恋人との関係 | コメント(0) | トラックバック(0)
告白のタイミング
恋愛には、判断の難しい問題がいろいろありますよね。
「恋愛に方程式はない」なんてことも言われますが、どういう行動をとるべきなのか、正解がわからないケースは多々あります。

たとえば「告白のタイミング」もなかなか厄介な問題です。
完全に両想いなら、いつどんなふうに告白してもうまくいくでしょうが、ふたりの仲が微妙な場合だと、告白の仕方によって、付き合ってもらえるか振られてしまうかが決まることもあるでしょう。

告白の成否は、どんな要因によって左右されるのか。
この疑問を解決すべく、告白が成功する場合と失敗する場合の違いを調べた研究がいくつかあります。
オーソドックスなのは、高校生や大学生を対象に、アンケート調査を行うというもの。
そのアンケート結果からは、告白のシチュエーションと成否の関係について、いくつかの特徴がわかります。

特に興味深いのは、告白が成功したグループの多くに見られた3つの特徴です。

1、知り合ってから告白するまでの期間が3ヶ月以内
2、知り合ってから告白するまでの間に、ふたりきりで会って遊んだり食事をしたりしたことがある
3、告白の時間帯は18~23時

これらは「成功しやすい告白パターン」の代表例といっていいでしょう。

もちろん、告白の成否には、他にもさまざまな要素が関わっているでしょうから、このデータを重要視しすぎるのは考えものです。
でも、告白のタイミングがわからず悩んでいる人は、参考にしてみるのもいいかもしれませんね。


[2010/10/07 14:28 ] | 片思いのアプローチ | コメント(6) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。