FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
恋人と夢を語り合おう
子どものころ、みなさんは、どんな大人になりたいと思っていたでしょうか。
成長するにつれて夢も変わっていくものですが、「もっと優しくなりたい」とか「社会の役に立つ人間になりたい」とか、自分の理想像はだれもが持っているはずです。

実は、その「自分の理想像」を共有し、お互いに協力しあうカップルほど、良好な関係が長続きすることがわかっています。
たとえば、「社会の役に立ちたい」と思っている相手に対して、ボランティア活動をすすめて背中を押すような関係ですね。

心理学では、他者からの働きかけによって自分が思い描く理想に近づくことを「ミケランジェロ現象」といいます。
ミケランジェロが「彫刻は石がもともと持っている理想の姿が彫刻家の手を借りて表れるもの」という考え方を持っていたことから名付けられました。

自分の理想像を相手に伝えるためには、まず自分自身が「どうなりたいか」をしっかり把握している必要があります。
理想像が漠然としている人は、一度頭の中を整理してみるといいかもしれませんね。

理想像が明確になったら、恋人に伝えましょう。
その際、自分の話をするだけでなく、相手の理想像も忘れずに聞いてくださいね。
そして、相手が理想に近付くために、自分に何ができるかを考えてみましょう。
お互いの理想像を共有し、そのイメージに向って協力することができれば、ふたりの仲はさらに深まると思いますよ。

ちなみに、将来の夢や悩みなどを他者に話すこと「自己開示」といいます。
人は、だれかに本音を打ち明けられた場合、自分も同じように自己開示しようと感じるもの。
つまり、自分の理想像について恋人と話し合う行為は、それだけでお互いの深い理解につながるということです。
自分のイメージを正確に伝えられなかったり、相手の理想像がイマイチ理解できなかったりしても、夢を語り合うことは関係良化に十分役立つでしょう。

お互いに見つめ合い、他のすべてが目に入らないような恋愛も素敵です。
でも幸せな未来をつかむためには、相手と同じ方向を見て、手をつなぎながら一緒に歩いていくような関係作りも大切ですよね。


スポンサーサイト
[2010/09/24 01:56 ] | 恋人との関係 | コメント(0) | トラックバック(0)
美人であることが損になる場合もある?
美人が得をすることは、いろいろな場面でみなさんも感じていると思います。
でも、場合によっては美人であることがマイナスに働いてしまう場合もあるんです。

外見的魅力が人にどのような影響を与えるかを調べるために、模擬裁判を行った心理学者がいます。
美人と美人ではない人とで、裁判の結果がどう異なるかを調べたわけですね。

その結果、「窃盗」のような外見的魅力が関係ない犯罪の場合、美人は普通の人よりも刑が軽くなりました。
同じ罪をおかしているのに美人だというだけで罪が軽くなるのですから、すごく得ですよね。

しかし、「結婚詐欺」のような外見的魅力が武器になるような犯罪では、逆に美人は刑が重くなってしまったんです。
美人であることを利用した場合、外見のよさはかえって悪いイメージにつながってしまうんですね。

恋愛でも、美人であることは非常に大きなメリットになります。
でも美貌を鼻にかけて横柄な態度をとったり、外見を武器に異性をもて遊んだりすれば、 普通の人よりも大きなしっぺ返しが待っているといえそうです。
美人の自覚があっても、謙虚な姿勢を忘れないでくださいね。

ほめられるにせよ叩かれるにせよ、美人は何かと注目を集める存在です。
得なこともあれば、損なことも多いといえるでしょう。
美人すぎると「高嶺の花」と見られ、異性から声をかけられにくくなる場合もあります。

「きれいになりたい」という思いはだれもが持っていると思いますが、外見にとらわれず、自分らしく生きることが大事なのかもしれませんね。


[2010/09/17 20:42 ] | 自分の心理学 | コメント(0) | トラックバック(0)
あなたの恋愛タイプは?
恋愛にはいろいろな形がありますよね。
相手に尽くす恋、遊びの恋、友人関係のような恋など、人の数だけ恋があるといっても過言ではないでしょう。

カナダの心理学者リーは、これら多種多様な恋愛の分類を試みました。
リーによれば、人の恋愛タイプはおおむね次のように分けられるとのことです。

・ルダス(遊戯的な愛)………ゲーム感覚で楽しむための恋愛
・プラグマ(実利的な愛)……自分の目的を達成する手段としての恋愛
・ストーゲイ(友情的な愛)…友情の延長線上にあるような穏やかな恋愛
・アガペー(利他的な愛)……相手のために自分を犠牲にすることもいとわない恋愛
・エロス(美への愛)…………会話やスキンシップを強く求めるロマンティックな恋愛
・マニア(狂気的な愛)………強い独占欲がつきまとう激しい恋愛

さて、あなたの恋はどのタイプに当てはまるでしょうか。

どのタイプがよいというのは一概にはいえませんが、自分の恋愛タイプを把握しておくことで、相手との関係性や、自分が求めているものを把握しやすくなると思います。
パートナーの立場になって考えてみるのもいいでしょう。

人は自分自身のことを意外とわかっていないものですし、恋愛中は特に視野が狭くなりがち。
自分の恋愛を一度客観的に眺めてみると、恋人との今後の付き合い方を考える上で役立つのではないでしょうか。


[2010/09/10 07:40 ] | 恋のメカニズム | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。