FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
落ち込んでいるときは恋に落ちやすい?
仕事で失敗したり失恋したりして落ち込んでいるときに、異性の友人に励まされて、その人のことが好きになった経験はないでしょうか。

自信をなくしているときに他人から優しくされると、胸に響きますよね。
心理学でも、自信の有無と好意の関係について、次のような実験が行われたことがあります。

女子学生たちに性格検査を受けてもらい、Aグループには自信アップにつながるよい結果を、Bグループには自信喪失につながる悪い結果を伝え、それによって異性に対する好意がどう変化するかを調べた実験です。

女子学生たちは性格検査の結果を知らされる前に男子学生(サクラ)と会話をして、デートの誘いを受けています。
女子学生たちに性格診査の結果を伝えたあと、男子学生に対する印象を聞くと、自信を失うような悪い診査結果を受け取ったグループの方がより強い好意を感じていることがわかりました。

落ち込んでいるときは優しくしてくれた人に対して好意を抱きやすい状態になるので、気になる相手を口説くには絶好のチャンスといえるでしょう。

でも逆に考えると、自分が落ち込んでいるときは、いつもなら何とも思わないような人に魅力を感じてしまう可能性もあるということ。

一時的に優しくしてくれたからといって付き合ってしまうと、自信が回復してから後悔するなんてことになりかねません。
気分が落ち込んでいるときは、相手への好意を少し割り引いて考えておいた方がよさそうです。


スポンサーサイト
[2010/08/26 18:58 ] | 恋のメカニズム | コメント(0) | トラックバック(0)
相手の目を見て話すのは恋愛の基本
前回は相手に好意を持ってもらうテクニックを紹介しました。
http://kyopersona.blog11.fc2.com/blog-entry-41.html

今回も、相手に好かれる簡単な方法をひとつ紹介しますね。
今日のテーマは「会話中の視線」です。

会話の最中、あなたはどこを見ているでしょうか。
相手の顔?それとも下を向いている?
会話中の視線を意識している人は意外と少ないのではないでしょうか。

でも視線はとても大事なポイント。
どこを見ているかによって、相手の印象はずいぶん変わってくるんです。

よく「人の目を見て話せ」なんて言われますが、実はこれ、恋愛心理学的にも大正解。
人の目をよく見て話す人と、視線を合わせない人とでは、前者の方が好感を持たれやすいという実験結果があるんです。

相手と打ち解けていない段階だと、ついつい視線をそらしがちになってしまいますが、意識して相手を見つめるようにするだけで、好きになってもらえる可能性がアップします。

相手の目を見ることは、会話のマナーであり、恋愛の基本。
よっぽど空気を読み間違えない限り、アイコンタクトしすぎて嫌われるなんてことはありませんから、今まであまり意識していなかった人はぜひ試してみてくださいね。


[2010/08/21 23:49 ] | 恋のメカニズム | コメント(0) | トラックバック(0)
ミラー効果で愛され力アップ!
人と話をするとき、あなたはどんなことに気をつけているでしょうか。
今日は、話している相手に好意を持ってもらうためのテクニックをご紹介しましょう。

まず基本として押さえておきたいのは、ボディランゲージの重要性です。
ここでいうボディランゲージとは表情や身振り手振りのことですが、話し上手な人は、例外なく感情表現が上手。

人は会話の中で相手のメッセージを読み取るときに、「会話の内容」よりも「ボディランゲージ」を重視している、という意見もあるくらい身振り手振りは大切な要素なんです。

「会話の内容よりも身振り手振りが大事」なんて言われると、「それは言いすぎでは…」と感じる人も多いかと思います。

でも、たとえば「あんたムカつく」と笑いながら言っている人と、真顔で言っている人、ふたりが伝えようとしているメッセージは全然違いますよね。
笑顔の「ムカつく」は好意の裏返しでしょうが、真顔なら言葉通りの意味でしょう。

つまり、何を話すにしても適切なボディランゲージが伴っていなければ、相手には正しく伝わらないということ。

このようなボディランゲージはだれもが自然に行っていることだとは思いますが、実は、相手に好意を持ってもらうために特に有効なテクニックがあるんです。

それは、相手のしぐさをマネること。
しぐさをマネると、自然と好意が伝わるんですね。

相手が落ち込んでいたら、自分も悲しい表情をする。
相手がうれしそうにしていたら、自分も笑顔を見せる。
そうすれば相手は「この人は自分と同じ気持ちになってくれているんだな」と思い、好意が生まれるというわけです。

これは「ミラー効果」とか「同調効果」と呼ばれ、ネットや雑誌などでも恋のテクニックとしてよく紹介されています。
しぐさをマネするだけですから、簡単にできるのがいいですね。

仕事や恋愛の愚痴を聞かされた場合など、ときには「その言い分はおかしいんじゃない?」なんて意見したくなるときもあるかもしれませんが、その前に一度、相手と同じ気持ちになってみることが大切。

まずは相手の意見を肯定し、相手のボディランゲージをマネる。
好きな人と話すときは、ぜひ意識してみてくださいね。


[2010/08/15 14:03 ] | 片思いのアプローチ | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。