FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
自分の感覚を過信するのは危険
あなたは恋人や親友の性格を正しく理解できていますか?
「もちろん!」と答えられる人も多いと思いますが、はたして本当にそうでしょうか。

心理学では、人の認識はあまりあてにならないことがわかっています。
というのも、先入観とか錯覚とかによって、物事に対して間違った印象を持つことがよくあるからです。

たとえば、次の話を読んでみてください。

ある少年が、父親と一緒に外で遊んでいました。
そこに突然ダンプカーが突っ込んできて、ふたりははねられてしまいます。
父親は即死。
少年は意識不明の重体で、病院に運び込まれました。

重傷を負った少年のもとに、手術を担当する外科医が駆けつけます。
しかしその外科医は、少年の顔を見るなり、真っ青になってしまいました。
そばにいた医師が「どうした?」と聞くと、外科医はこう答えました。
「ああ、取り乱してしまってすいません…。この子は私の息子なんです…」

さて、最後のセリフを読んだときに、「あれ?」と思わなかったでしょうか。
「父親は死んだはずなのに…」と感じた人が多いはずです。

父親がふたりいたとか、天国の病院だったとか、そういう話ではありません。

実は、外科医は父親ではなく、母親だったんです。

外科医というと、多くの人は男性をイメージしますよね。
その先入観が、誤解を生んでしまうんですね。

外科医=男性という先入観がなかったら、最後に登場したのは母親だとすぐにわかるはず。
父親は死んでいるんですから。

このように、私たちは意識していなくても、先入観を持ってものを見ています。

「先入観を捨てて、物事をあるがままに見ましょう」なんてよく言われますが、これは非常に困難。
そんな境地にはなかなか達せないでしょうから、自分が感じたことを絶対だと思わず、常に疑ってみる姿勢が大切です。

恋愛でも、先入観や錯覚などの影響は常に考慮しておくべき。
自分が相手に対して抱いているイメージは、確かな根拠があるものなのか、ときどき考えてみてください。
自分の感覚を過信せず、物事をいろんな角度からとらえるクセをつければ、人を見る目が養われて、素敵な恋人と結ばれる可能性も高まると思いますよ。


スポンサーサイト
[2010/07/29 14:55 ] | 人間関係 | コメント(0) | トラックバック(0)
おっちょこちょいな人はモテる?
いきなりですが、ちょっと想像してみてください。
次のような2人の異性に告白されたら、どちらと付き合いますか?

・Aさん
顔も性格もよく、その上仕事もできる。
すべてにおいて完璧な人。

・Bさん
顔も性格もよく、その上仕事もできる。
だけど、ちょっとおっちょこちょい。

人によって違うとは思いますが、「Aさんは完璧すぎて、付き合うと緊張してしまいそうだからBさんの方がいい」なんて人も、かなり多いのではないでしょうか。

「おっちょこちょい」は、どちらかといえば短所。
でも、好意につながるケースは少なくありません。
アニメやマンガでも、ほっこりとしたドジを連発する天然キャラは、ファンに好かれやすいですよね。

心理学の実験でも、「食事中にコーヒーをこぼす」という感じの軽い失敗をすると、相手に好意を持たれやすくなることが確認されています。

「おっちょこちょい」という言葉で形容できるような小さなミスは、「人間味がある」とか「リラックスして付き合える」なんて印象を与えるんでしょうね。

自分の短所や失敗は、恥ずかしがって隠す人も多いと思いますが、相手との心理的距離を縮めるための道具としてとても有効です。
日常会話の中でさりげなく自分のドジエピソードを披露するのは、立派な恋愛テクニックのひとつ。
これが自然とできる人は、とてもモテると思いますよ。

ただし、すべてのドジが好意につながるわけではありません。
当然ながら、笑ってすませられないようなレベルのドジだと、常識を疑われ、好感度ダウンにつながるおそれがあります。

また、笑えるドジなら友人からの好意は高確率で得られるでしょうが、ぶっちゃけすぎると「お笑いキャラ」として認知され、恋愛対象から外される危険性も出てきそうです。

笑ってすませられることと、かわいげがあること。
この2つの要素を満たしているドジエピソードをときどき話す。
これを実践すれば、きっとモテ度がアップすると思いますよ。


[2010/07/22 12:12 ] | 恋のメカニズム | コメント(0) | トラックバック(0)
相手と同じ趣味を持とう!
「好きな相手ともっと仲良くなりたい」と感じている人は多いと思いますが、うまくいかないこともよくありますよね。
接点がなくてしゃべる機会が少なかったり、せっかくふたりきりになれても緊張して会話が盛り上がらなかったり…。

そんな微妙な関係を進展させるためにとても有効なのが、「共通の趣味を持つこと」です。
同じ趣味があれば、会話も盛り上がりますし、電話やメールをする理由にもできるでしょう。

また、以前にも書いたように、人は自分に似た相手には好意を感じます(類似性効果)。
http://kyopersona.blog11.fc2.com/blog-entry-5.html

共通の話題ができるし相手にも好かれるし、まさにいいことずくめ。
恋愛において、趣味が同じというのは非常に大きなアドバンテージになるでしょう。

なお、類似性効果が働く場合、類似点の数よりも、類似性の高さが重要です。
つまり、ちょっと似ているところがたくさんあるより、ひとつだけすごく似ている部分を持っている方が、相手に好意を持たれやすいということ。

スポーツ、映画鑑賞、読書に園芸に山登り…など多くの趣味を持つ相手に好かれたいからといって、自分も同じように多趣味になる必要はありません。
お互いに精通して、深いレベルで語り合える趣味がひとつあれば、十分類似性効果は期待できます。

仲良くなりたい人がいるなら、まずは相手の趣味をチェックして、そのなかで自分も興味が持てそうなものがないか考えてみてはどうでしょうか。


[2010/07/17 02:22 ] | 片思いのアプローチ | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。